忍者ブログ
創作コラボ妄想:NL・BL・R18含みますご注意ください
| Home | About | 雑記 | 梅染街 目次 | 梅染街 設定 | 梅染街 作品 | Other |
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



学校で出されたレポート
一緒にやろうって誘って来たのは人気の無い静かな資料室
ペンの走る音や紙が捲れる音、時々交わる会話
自分等の出すもの意外は聞こえない空間だ

「なぁ瑠夜?これってさ」

そう切り出したのは俺のほう
資料を見ながら目の前に座る瑠夜に声をかけた

「ん?どれですか?」
「ここなんだけど。どーいう解釈だとおもう?」

手元の資料と見ながら説明をすると
目の前の相手は身を乗り出して「あぁ、これは」なんて親切に教えてくれた
同じように俺も手元を見て話を聞いていたんだけど
ふと、髪が触れ合ってチラッと目を瑠夜に向ける

「(…な、んか近い//)」

別に意識をするようなことでもないのに
妙にどきどきしてしまう
今この場所は俺達以外音を出すものは居ない
もしかしたら、瑠夜にも聞かれしまっているんだろうか…
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
水面下

気付けば、課題が出た時はこうして二人で終わらせるのが普通になっている。
一人で手早く片付けてしまう方が気楽だった筈なのに。
声を掛けられて、順調に走り続けていたペン先は途中で急停止。
けれど別に焦れた気持にはならない。
和に頼られるのは正直なところ寧ろ嬉しい。

向かい合って使うには小さすぎる、一つの机。
赤と黒の前髪は少し身を乗り出すだけで先が触れ合う。
板の下では膝小僧が当たる形。
脚を組み替えてみたら、落ち着かない気配が伝わった。

話を聞いている半分、和が僕の方を見ている事を実は知っている。
残り半分は意識してしまって仕方ないんだろう。
敢えて見ないのは意地悪とかではない。
今視線が合ったら、僕も余裕が無くなってしまいそうで。
心音が騒がしいのは同じなんですからね?

「もうすぐ終わりますけど、この後どうしましょうか?」

一段落して和が顔を上げたら、偶然を装って僕もそうしよう。
不意打ちのキスでも和は怒らない。

***
瑠夜視点でも続けさせていただきましたv
毎度ながら、和君も瑠夜も初々しいやら可愛いやらっ!
二人で勉強とか課題のたびにいつもこんな感じなんでしょうな。
相手に隠そうとしながらも、お互い意識し合ってるのが良いですよねぇv
凄く近くなんだけど、微妙に空いた距離がもどかしくて甘いと云う。
密室だしキスだけならしちゃいますとも!
長々と交わした後、息継ぎで見詰め合って真っ赤になるのが見えるv

レス遅れましたが、此方もご馳走様でしたっ!
朔花 2010/10/07(Thu)16:39:42 edit
その後はコーヒーでもw
密室キスwwいいですなー♪
ホントに毎回そんな感じなんだろうな
一緒に勉強して、ドキドキして軽くちゅってして
そして下校して帰ってく。
また次の日出逢ってドキドキしてww
むしろ課題があると一緒に居る時間が増えるから嬉しいとか♪
和から誘う理由はそーいうのかもしれない
二人とも勉強はできそうだから一緒にする理由ってそれくらい
純粋に「まだ別れたくない」っていう可愛らしいので♪
あぁぁ、ホントにきゅんてするくらい初心で可愛い!!

瑠夜君目線ありがとうございました!
キュンが二倍にww
和の気持ちを知ってる中での一つ一つの優しく解きほぐすような行動
それに流されるようにドキドキする和
あぁ、ほんとに可愛いなお前らw
2010/10/08(Fri)22:35:57 edit
この記事へのトラックバック
最新コメント
[01/06 朔花]
[12/24 朔花]
[10/14 朔花]
[10/09 朔花]
[10/08 愛]
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
趣味:
萌えな妄想
About
Powered by Ninja Blog Photo by 戦場に猫 Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]